スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の養生 「パサパサ注意報」




夏の終わりに近づき
徐々に涼しくなってまいりましたね。


寝苦しさからも解放され、
夜は肌寒いくらいになってきたかもしれません。


私は、ペディキュアをパッションピンクからボルドーに塗り替えてみました。
秋のファッションもそろそろ楽しめそうですね♪





ところで、このごろ、

肌が乾燥するなぁ
手荒れがしてきたなぁ
髪がパサつくなぁ

という実感
もしかして、ありませんか??


秋は乾燥の季節
パサパサ注意予報です!




お肌や髪のコンディションが悪くなる前に予防しましょう~!





秋になると、
大気が乾燥しだし、
その乾燥した空気を鼻や口を通じて、「肺」を乾燥させてしまいます。
これを中医学では「燥邪」と呼んでいます。


くしゃみ、鼻水、咳が出たり、
喉が渇いたりして、
風邪をひきおこしてしまうとされています。



五臓の「肺」は、皮膚、そして大腸を司ります。

肌や髪のパサつきも、
便秘や下痢などの腸の不調も
(むくみも「肺」の不調のサインです)



なので、
秋には「うるおい」が大切になってきます。


秋の味覚である きのこ類、これから美味しいですよね。
楽しみですよね~~


きのこ類は「肺」をうるおしてくれる食材です。

当店のランチでも、
秋には
白きくらげをメニューに使ったりして、「うるおいUP作戦」をしたりします。
※毎回じゃないですよ。



「白」の食材も潤してくれます。
じゃがいもや、大根、米など。


また、「辛」の食べ物も「肺」を補います。
玉ねぎや、ネギ、生姜などのピリリとした辛味のある食材などを摂ることで、
「大腸」の働きをよくし、消化や水分代謝を助けてくれます。

これらのピリリとした食材で体を温めることによって、
風邪予防につながりますよね。



「白い食材、辛い食材なんだろう~」って考えていると疲れるし、
ストレスも溜まるので、

簡単に言います。



その季節の旬の食材は体を助けてくれるので、旬の食材を食べましょう!








秋の果物の柿や梨も「うるおす」食材です。
当店の柿は、まだまだ青いですが、これからおいしく熟してくれそうです。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。