疲れているあなたへ② 「腎」編(1)



「疲れているあなたへ」前回の続きです。
前回はこちら






「腎」のお疲れの方





五臓の「腎」生命エネルギーの源とされています。
老化と共に弱っていく「腎」ですが、最近は未成年や若い人でも生活バランスの乱れや偏食で「腎」が弱っている人が多くなっていると言われています。

また、本来、元気な方でも、生真面目で、完璧主義の方はストレスが多く「腎」を傷めやすいとされています。
そして、肉体を使う重労働の方、農家の方、中年以降の男性の方に多くみられます。



このごろ
コーヒーや甘いもの(お菓子)や塩気のある食べ物が増えていませんか?
これらは「腎」が弱っている時に欲してしまう食品らです。
弱った「腎」を補おうとしている体のサインです。
しかし、摂り過ぎるとバランスの偏りが起こり、さらに疲れてしまう悪循環となってしまいます。


原因を知り、体のバランスを整えましょう。


「腎」が弱っている症状は、現代医学では「副腎疲労」とされている症状です。
副腎、はストレスを和らげるホルモンを出す臓器ですが、現代人はストレスが多くその機能が追い付かなくなっていると言われています。副腎疲労によって、ホルモンバランスが乱れてしまい疲れやすくなるだけでなく太ってしまったりもすると言われています。





五臓の強弱も生まれつきの体質により、個人差がありますが、
「腎」はストレスや過労で弱り、または多くは生活習慣や食習慣で弱めています
以下のような症状を感じられていませんか?



「腎」が疲れると出やすい症状

疲れやすい
慢性疲労
体力低下
朝起きにくい
眠れない
耳鳴り
ふらつき
白髪、抜け毛
シミ(肝斑)
生殖器関連の不調(PMS,不妊症、精力減退)
低体温
血の汚れによる目の下のクマ、目の下の腫れ
アレルギーの悪化


これらは老化によってでてくる症状でもあります。
つまり「腎」が弱ると「老け」につながってしまいます。




まずは、サプリメントで補う「足し算」の考えではなく、
生活の見直しをし、要らない物を「引き算」することが大切です。





次回に続きます。






DSC_0641.jpg
「腎」を補う食品 枸杞、胡桃、松の実





スポンサーサイト