スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨の時期の薬膳

梅雨まっただ中ですね。

晴れと雨の繰り返しの天気に、蒸し暑さ、そして気温差に

気持ちも落ち込んでしまい、
うっとおしい気分、
そして重たい体!
なんだかやる気も全て失ってしまいますよね?



中医学で言うと梅雨の時期は「湿邪」 湿度の邪気が多い時期です。

水分代謝が悪くなり、体の中で水(湿)を溜め込み、

むくみ、だるさ、下痢や、胃腸の不調(消化不良、胃もたれ、食欲が減る)
また、お肌の不調が気になる時期です。

少し前まで春のアレルギーで肌荒れが気になる時期であったのに、またもやお肌に悪い時期です!



この時期は、
胃腸によいもの、利尿作用のあるもの、体を温めるもの、香りのよい気を巡らせるもの
を食べて、梅雨のだるさから脱出しましょう♪
汗をかいて体の中から「湿」を追い出すのもおすすめです。



胃腸によい食材・・・・米、とうもろこし、じゃがいも、かぼちゃ、きのこ類
利尿作用のある食材・・・・瓜系(すいか、冬瓜など)、ハトムギ、小豆、とうもろこし、
体を温める食材・・・・しょうが、ねぎ、しそ、三つ葉、香菜
香りのよい食材・・・しそ、山椒、陳皮、オレンジ、セロリ、ハーブなど


蒸し暑いからと、冷たいものを食べると胃腸にさらに負担がかかり悪循環になってしまいます。
また消化に負担のかかる脂っこいものも同様です。
この時期は暖かく消化に優しいものを食べて胃腸をいたわりましょう。



当店では、女性が気になるむくみにオススメの「蓮葉茶」がこの時期人気です。
デトックスをイメージしてブレンドした「体きれい茶」、香りがよくリラックスをイメージした「楊貴妃茶」
にも蓮葉がブレンドされています。

温かいハーブティーを召し上がって、体のむくみと心の滞りを解消しにいらしてください。




写真は当店庭のアジサイです。各種のアジサイが綺麗に咲いています。

IMG_3009_20160625.JPG


また、雨ばかりだからと室内にばかりこもらず、
外に出て、晴れた日には是非お日様にも浴びてください。
最近の研究では日光に適度に浴びた方が病気になりにくく、癌や疾患も改善されやすいという
研究結果が出ているようですよ。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。